ロハス建材  仙石敦嗣    渋谷

口コミ 評判 八王子 ロハス建材 手抜きなし! 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

二次エネルギーの電気は、気体のガスよりもさらに捉え難いものかも知れません。電気は電線や金属などの導電体を通して伝えられ、あるいは電池という器の中で発生するものの、その形自体は電気ではなく、電気そのものを形として見ることはできません。
しかし、電気となる前に、どのような一次エネルギーから変換したかを知ることは、電気エネルギーを考える上で重要なポイントとなります

スポンサーサイト

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

、「二次エネルギー」と言われています。(二次エネルギーとは人工的な転換後のエネルギー源を指し、電気やガソリン、灯油、都市ガスなどがある)。
二次エネルギーの電気は、気体のガスよりもさらに捉え難いものかも知れません。電気は電線や金属などの導電体を通して伝えられ、あるいは電池という器の中で発生するものの、その形自体は電気ではなく、電気そのものを形として見ることはできません

PageTop

ロハス建材

ところで、自然界から採取した燃料を燃焼させるなどした熱エネルギーや引力によって発生する運動エネルギーを利用するものを「一次エネルギー」と言っています。(一次エネルギーとは、人が利用しやすいように人工的に形を変える前のエネルギー源を指し、石油や石炭、天然ガス、水力、地熱、原子力などがある)。
ところで、燃料などから直接発生させることが難しい電気は、一次エネルギーを加工・変換したエネルギーを利用するため、

PageTop

ロハス建材

エネルギーを得るために必要なもの、つまりエネルギーの源となるものの一つに燃料があり、燃料には、石油や石炭というように形を捉えられるものと、ガスのように形の見えないものとがあります。ガスは透明の気体(液化ガスも使用時には気化)であり、形としては捉えにくいものの、それを入れる容器であるガスタンクやガスボンベなら形として捉えられます。もちろん、それ自体は燃料を蓄えるための器でしかありません

PageTop

ロハス建材

「エネルギー」というと、まず電気やガス、石油といったものを連想します。
それは当然のことかも知れません。人の日常の営みに利用されるエネルギーとして欠かせないモノとしてそれらが存在するからです。
しかし、それらの全てが、日常的に利用できるエネルギーとして捉えられているとは限らないという一面もあります。

PageTop

ロハス建材

、同時に水の浄化作用を果たすとともに、浅く広い水面からは多くの水蒸気が立ちのぼり、気温調整機能も緑地帯以上に高い。干潟は、多彩な生物のバン(命の受け皿)であるとともに、自然の熱交換機能を果たすフィン(放熱板)のようでもある。
名古屋は、世界に自負できる藤前干潟を有している。大都市が、ヒートアイランドを緩和する何かの仕組みを必要とするなら、そこに隣接する干潟の保存も選択肢のひとつといえる

PageTop

ロハス建材

掃除機を使って節電対策をしてみてはいかがでしょうか。
結構掃除機って小さい割に消費電力が瞬間的では有りますが高い家電なのです。
ですから上手に使わなければいけません。
では一番の節電対策は何なのでしょうか。
それは使わない事かも知れませんね。でもそれを言ってしまっては意味が有りませんので、掃除機とその他の掃除用具と合わせて使い分けながら掃除をしていく事が節電対策になります。

PageTop

ロハス建材

扇風機の風が身体に直接あたる事で体感温度が2度も違うと言いますし、床下に貯まっているエアコンの冷気を扇風機を使って部屋中に拡散させる事で部屋の気温も下がってきます。
一見万能な様に見える扇風機ですが、部屋の何処に置くかで効果も大分変わってくるみたいですので、色々と部屋の中に置いてみて、何処がベストポジションか調べてみると良いでしょう。
扇風機を導入して涼しいなと感じる様であれば、エアコンの温度設定を少し上げてみてはいかがでしょうか。
節電効果もバッチリだと思います。ただしずっと風に当たりっぱなしだと体調を崩してしまう懸念が有りますので注意してください。
この時には扇風機を天井に向けて動かし、冷たい冷気を部屋中に回らせましょう。
エアコンと扇風機を使って上手に節電対策をしてみましょう

PageTop

ロハス建材

エアコンを使う際に扇風機も上手に使っていく事で節電対策をする事が出来るのです。
夏は暑くてついエアコンのクーラーを使いたくなりますよね。
しかしその使っている時間帯は皆さん同じで電力需要のピークにあたる時間帯でも有ります。
ですからエアコンを使うときには節電対策として少し工夫してあげると良いと思うのです。
そこでオススメなのが扇風機を利用する事です。
エアコンと扇風機の両方を使ったら余計に電力を消費するのではないかと思ってしまいますが、それは工夫次第で抑える事が出来るのです。
扇風機自体の消費電力はエアコンの1/10位だと言いますからかなり節電出来る家電だと思います。

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣  環境

その現象を見れば理論的な裏付けが間違いないと考えられるのです。
私たちの日常生活は地震のことばかりを考えながら過ぎていくわけではありません。
しかし、建物を強固にし、地震がいつ発生しても安全なようにしておくことが大切ですね。
特に新しく立てる建造物については、耐震性を強化するとともに、地盤の調査を行い、液状化現象の対策を講じておかなければなりません。
液状化現象により、地中内の下水や水道管などが地表に飛び出している写真を見たことがあるでしょうか。
液状化現象の影響により地中にあるライフラインが寸断されると、被害は一気に広がるのです

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

策を行うには地盤を強化することが必要ですから、大きな工事となります。
もちろん、東北の地震で液状化現象が明らかになったわけではなく、それまでの兵庫県南部地震、新潟県中越地震などでも液状化現象が観測されています。
その現象を見れば理論的な裏付けが間違いないと考えられるのです。
私たちの日常生活は地震のことばかりを考えながら過ぎていくわけではありません。
しかし、建物を強固にし、地震がいつ発生しても安全なようにしておくことが大切ですね

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

東北地方太平洋沖地震で千葉県での液状化現象が大きくクローズアップされました。
液状化現象自体はこれまでも知られていたのですが、たくさんの映像が残されたことによって、より具体的な恐ろしさが知られるようになったのです。
液状化現象は地震発生によって引き起こされます。
東海地方ではいつ地震が起きてもおかしくはないと言われています。
そして東京湾の埋め立て地では液状化現象が間違いなく発生すると推定されているのです。
液状化現象のメカニズムは多くの研究によって解明されていますから、その具体的な対策を打たなければなりません。

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

もちろん、日本中のすべての地域でマップが作られているわけではありません。
震災で液状化現象が起きたところを中心として、徐々にマップが整備されていくことでしょう。
液状化マップは、以前から作られていたところもあります。
しかし、液状化現象の危険度についてあまり理解されていなかったために、注目を集めることもなかったのです。
東京では昭和62年に東京低地の液状化予測図が作られています。
そして、平成3年度には東京港埋め立て地盤の液状化予測として作り直されています

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

しかし、地震が起きた時にどのようなことになるのかを知っておくことは大切です。
地盤が沈みますから、自動車での移動ができなくなる地域があるとわかるのです。
液状化現象のメカニズムについては、研究機関の啓蒙活動の効果もあり、多くの人が理解するようになりました。
また、その恐ろしさも理解が進んできているのです。
今までは災害マップが作られていましたが、液状化マップと合わせて、自分の避難経路を考えておくことが大切ですね。

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

東日本大震災で液状化現象が大きくクローズアップされました。
どのような土地が液状化現象が起きやすいかがある程度わかってきましたから、その情報に基づいてマップが作られています。
それが液状化危険度マップと呼ばれるものです。
東日本大震災以降、各地で液状化現象を予測するマップが作られるようになりました。
もちろん、このマップを見たからと言って、引越しができるわけではありません。

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

液状化現象が起きやすい土地はどのような土地でしょうか。
いくつか考えられます。
まずは新しい埋め立て地です。
新しいと言っても最近と言うことではなく、戦後ぐらいはすべて含まれます。
それから、以前は川や沼地だった場所です。
これは水分を含んだ砂地の上に埋め立てられていることが多いからです。
それから、砂丘です。
これは砂地そのものですね。
砂鉄の採掘跡地は埋め戻しても、液状化現象が起きやすい地盤と考えられています。
このように多くの情報を入手すると、液状化現象が見えてきます

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

液状化現象はかなりの頻度で起きているのです。
もちろん、その程度にはかなりの差があります。
しかし、建物は少しでも傾いたならば、住めなくなってしまいますよね。
つまり、液状化現象が起きてしまったら、基礎からやり直さなければならないのです。
液状化現象が起きた地盤では、上にあった建物などの重い構造物は沈みます。
そして、地下にあった浄化槽などの軽いものは浮き上がってくるのです。
液状化現象によって家も傾きますが、地中に埋められていたライフラインも損傷する可能性が高くなります。
つまり、大きな被害を受けることになるのです

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

東日本大震災の情報はたくさんあります。
怖くなるような映像もたくさんありますね。
その中に液状化現象の情報もあるのです。
砂地と地下水位によって液状化現象は起きると考えられています。
そのためにその条件に合致する地域だけの限られた現象であると思っている人が多いようです。
しかし、大学の研究チームなどの報告を読むとそうではないようです。

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

地震による直接的な被害を防ぐことも大切なのですが、液状化現象を防ぐことも大切だと再認識した人も多いはずです。 これからの建築においては、液状化対策を施すことが当たり前になるのかもしれません。
この大震災では埋め立て地や海岸近くでなくても液状化現象が発生することが確認されています。
日本の多くの地盤で液状化の危険性があるのです。
あなたがこれから家を建てるのであれば、液状化の可能性について調査しておくことをお勧めします。
そして必要な対策を講じておくことが大切です。
地震はいつ起きるかわかりません。
起きてしまってからでは遅いのです

PageTop

ロハス建材 仙石敦嗣

見すると水道管の破裂のように、水が噴き出しているのです。
しかし、これが液状化現象なのですね。
自分が地震に遭っていなければ、このような様子を見ることはないでしょう。
改めてインターネットの有効性が示された感じです。
この液状化現象については、多くの専門家が指摘していたものです。
地震による直接的な被害を防ぐことも大切なのですが、液状化現象を防ぐことも大切だと再認識した人も多いはずです。 これからの建築においては、液状化対策を施すことが当たり前になるのかもしれません。

PageTop

ロハス建材

オゾン層を増やす事が出来ない以上、私たちに出来る事はフロンガスを減らす事でしかないのです。
今はフロンガスではなくて代替フロンガスを使用していますが結局はフロンガスを使っている事には変わりありませんのでフロンガスを使わないでエアコン類を作動出来る様な開発をしていなかくてはならないのです。オゾン層破壊は深刻な地球問題です。
今私たちが出来る事はフロンガスを排出させない事でしかありませんので、一人一人が意識を持ち、少しでも出さない様に努力していかなくてはならないのです

PageTop

ロハス建材

車や家のエアコン、冷蔵庫等はもちろん使われていたのです。今は先進国では1995年以降はフロンガスを使わない様にしていますが。
以前に購入したエアコン類を使っている家庭ではやっぱり今もフロンガスを発生しています。またこうしたエアコン類を買い替えて処分する際、どうしてもフロンガスを発生させてしまうと言う問題もあります。
フロンガスは空気より重いのでオゾン層へ少しずつ近付いていきます。その期間が大体20年後と言われているのです。ですからフロンガスを発生させて直ぐにオゾン層が破壊されるのではなく、オゾン層に到達した20年後に破壊されていくと言う事になるのです

PageTop

ロハス建材

フロンガスが地球問題であるオゾン層破壊の原因だと言われています。もう1つ地球問題で深刻な事に地球温暖化があります。
フロンガスは地球温暖化の原因であるとも言われているのです。
地球温暖化防止に二酸化炭素の排出量を減らす取り組みがされていますが、フロンガスはその二酸化炭素より温室効果が数千倍もあるのです。
フロンガスは地球上で色んな物を冷却する為に使われていたガスになります。

PageTop

ロハス建材

異常気象
 地球の平均気温の上昇により、雨の降る場所が変わり、降雨や乾燥が極端に現れると予測されており、台風が増加する可能性も指摘されている。最近、異常高温、洪水、干ばつ等のいわゆる異常気象が世界各地で頻発し、これら自然災害の増加と地球温暖化との因果関係が関心を集めている。しかし、現在の気候モデルは極端な現象を確実に予測するには空間解像度が不足しており、雷雨、竜巻、ひょう、落雷など局地的な現象を再現できない

PageTop

ロハス建材  地球環境

こうした環境変化については地球上に住んでいる動植物にとって悪い影響を与えてしまう変化になっています。実際に環境の変化によって多くの生き物が絶滅をしている様なのです。これは自然の事ではなく、私達人間が行ってきた活動の結果なのです。そしてこれが地球問題となっているのです。

人間だけが便利に生きていこうなんてそんな都合よくはいきません。
人間と他の動植物は共に共存して生きていかなくてはならないのです。その為に地球環境を守ると言う事はこうした生き物たちを守っていく事に繋がると思うのです。そして地球環境を守るのは壊していった私達人間が行っていくべき事であり、人間にしか出来ない事でも有ります

PageTop

ロハス建材仙石敦嗣

真冬でも降雪や降霜の日がめっきりと減ってしまった日本の大都市においては、地球レベルの気候変動による影響もさることながら、「ヒートアイランド現象」という局所的な温度変化の影響もある。 そして、都市のヒートアイランド化は、間違いなく温暖化促進物質の大量排出にも連動する。気候変動への人的影響原因として指摘されるCO2などの温暖化促進物質は、経済活動の盛んな都市において集中的に排出されていることへの危機感は少なくない。
人類の望む文明の進展は、さらなる拡大と向上が描かれ続けるが、それには先進都市の問題解決に向けた取り組みなくしてあり得ない。そのためのひとつの選択が「スマートシティ」という概念であり、望ましい地球環境と経済発展を両立する新しい都市の姿でもある。 都市がスマートであるための根幹には、多様なチャンネルから捉えたエネルギーロスを抑えるためのシステマティックな仕組みが必要とされる。これは一朝一夕にして完成するなど、容易にスイッチできるものではない。

PageTop

ロハス建材

現在(当時)の都市および郊外の開発スタイルは、 住民の生活の質に対して重大な障害をもたらしている。
従来の開発スタイルは、 以下のような問題を生じさせている。

■自動車への過度の依存によってもたらされる交通混雑と大気汚染
■誰もが利用できるような貴重な開放空間の喪失
■延びきった道路網に対する多額の補修費の投入
■経済資源の不平等な配分
■コミュニティに対する一体感の喪失

過去および現在の最良の事例を拠り所とすることによって、そのコミュニティのなかで生活し、働く人びとのニーズに、より的確に対応するようなコミュニティを創出することが可能である。そうしたコミュニティを創出するためには、都市開発の計画書を策定する段階で、提言する原則を遵守することが必要である

PageTop

ロハス建材

なお、都市計画や建築の研究者や専門家において「サステイナブル・コミニュティ」への実践的提言としてよく知られている「アワニー原則」について、その先進的な考え方を再認識することはとても有効との解釈から、あらためて抜粋掲載しましたので、「サステイナブル・シティ」について考える上での参考として下さい。

※「アワニー原則」:1991年、アメリカ・カリフォルニア州ヨセミテ公園にあるホテル「アワニー」において、地方自治体の幹部を集合し、6名の建築家の連名によって、理想とする街づくりについての提言が示され、採択されました。これが「アワニー原則」として知られているものです

PageTop

ロハス建材

グローバル化した経済活動の歪みによって長引くデフレ不況からの脱却、大きな自然災害に見舞われたことによる甚大な被害からの復興など、苦しみ続ける日本の都市が抱える課題は山積しています。課題を解決し、悪循環からの脱却と再生を目指し、都市としてのあるべき活力を取り戻し、その持続的発展のために、問題解決に向けての人智を覚醒すること、それが「サステイナブル・シティ」を標榜し、実現へと目指すうえでのスキームであると考えます。
ただし、サステイナブルへの考え方において「持続的」という言葉を多用してきましたが、この持続的とは、決して恒久的という解釈にはあたらないことも留意されなければなりません。
つまり、人の営みにおいては、時間の経過とともに常に変化していくものであることも認識していなければならないのです。このことは、とりわけそれの集積する都市においては顕著であり、そうした変化の希求に対応したサステイナビリティを発展的にマッチングしていく取組みの継続が肝要となります

PageTop

ロハス建材

一般的にサステイナブルという言葉の印象からは、自然環境の持続という捉え方が普遍的であったため、サステイナブルは環境問題だけに深く関わるものと間違って捉えられがちです。しかし、サステイナブル・シティでは、都市のエコロジー問題についてだけを指しているのではありません。
そこには、とても広範な概念を構成する要素と種々の課題とがあり、まさに「都市の持続性」というキーワードに関わる人の営みの全てと、質的向上、量的向上といった産業・生産活動の効率向上と消費生活の改善向上などを果たし、経済の持続的発展につなぐことも大きな目標として包含します。
また、誰もが精神的にも身体的にも等しく安全で安心できる社会環境の構築や、サステイナブル・コミニュティによる豊かな文化の継承と発展など、マルティプル・ベネフィット(複合便益)の全てについてが「サステイナブル・シティ」におけるテーマとなります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。